トイレの水漏れに困ったら

トレイの水漏れに関する情報を掲載しています

トイレが水漏れしたときの応急処置の方法

トイレが水漏れしたときの応急処置の方法 トイレが水漏れしたときの応急処置の方法は、水漏れをしている箇所によって処置の方法が違うそうです。
処置を行う前には、まず水道の元栓を閉めて水を止めましょう。
その次に水漏れをしている箇所の応急処置の方法ですが、給水管の接続部分からの場合ですと、接続部分にはナットが使われているのでモンキーレンチでしっかりとナットを閉じてみたり中のパッキンを交換するといった処置方法が良いそうです。
トイレの止水栓、水道の蛇口の役割をしている箇所が原因の場合は、マイナスドライバーを使用して水道の蛇口をひねって水を止めるような形で止水栓のトイレ全体の水を止めます。
パッキンやスピンドルなどの劣化が原因の場合には、止水栓でトイレ全体の水を止めた後に交換作業をしていく流れで対処ができます。
応急処置をするときには水を拭く用に使い捨てのタオルを数枚と、モンキーレンチや各種ドライバー、給水管などの接続部分の処置に使用するビニールテープがあるととても重宝するそうです。

トイレのタンクが水漏れしたときにしてはいけないこと

トイレのタンクが水漏れしたときにしてはいけないこと トイレのタンクの水漏れはとても多いですが、すぐに水道の元栓を止めて原因を調べることが大事です。
パイプや水道栓の接続部分から漏れている場合は床が濡れるので見つかりやすいですが、タンクの中で水を止める仕組みが故障している場合はなかなか原因が見つからないので、やはり専門の業者に依頼することが大事です。
トイレのタンクが水漏れしたときにしてはいけないことは、自分で直せると思いいろいろいじってしまい余計に故障をひどくさせることです。
余計に故障をひどくさせると費用も時間も余計にかかることになります。
パイプが破損して水漏れの原因になっている場合は、素人では交感は無理なので自分で直そうとはせずに業者をすぐに呼ぶことです。
トイレがウオッシュレットの場合は、漏れた水が配線にかかっていることもあるので、すぐにコンセントを抜くことも大事です。
コンセントを抜かないまま修理をしようとすると、電気が通っているので感電する危険性もあります。

新着情報

◎2018/8/6

緊急のトイレの水漏れ
の情報を更新しました。

◎2018/4/4

水漏れを放置するのは危険?
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

トイレの水漏れの修理代
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

サイト公開しました

「水漏れ 応急」
に関連するツイート
Twitter